Landrover

Landrover

ランドローバー・ガイド

Owners

ランドローバー・トーイング・ガイド

トレーラーを牽引する前に、簡単な物理の法則と道路に関する規則を知っておく必要があります。


重要事項

- 常にランドローバーのトーイングの推奨事項に従う。
- ご使用のトーイングバーまたはトーイング・ヒッチのメーカーから推奨されているトレーラー積載重量を超えると違法。
- ブレーキなしのものを含む、すべてのトレーラーには、最大総重量がキログラムで明白に示されている必要がある。


トレーラーが曲がり、揺れ、蛇行する理由

高速道路でトレーラーハウスの後ろを運転したことがあれば、間近でトレーラーが曲がり、揺れ、蛇行しているのを見たことがあるでしょう。多くの人がこれは牽引時の付き物だと思っていますが、それは違います。

正しくトレーラーに積み荷をし、前部が後部より少し重くなるようにすれば、トレーラーの牽引時に起こるあらゆる問題が実質上回避できます。


トーイングの3つの物理法則

- トレーラーが曲がる際、当然トレーラーは自体の重心を中心にして曲がろうとする。
- 重心をクルマとトレーラーを合わせた前の方に設定すれば、回転時の揺れが解消される。
- 重心の位置を変えると、トレーラーのハンドリング特性も変わる。トーイング成功のための物理


トーイング成功のための物理

正しく算出され、位置が指定されたトレーラーの重心がトーイング成功の秘訣です 

- クルマとトレーラーは自然とそれぞれの重心を中心に回転しようとするため、トーイング時の重心は重要。これはある種のヒンジのように働き、この「ヒンジ」が設定されている場所がトーイングに大きく影響します。
- トレーラーの牽引時、重心はトレーラーのホイールの直前にしてトレーラーがその後をスムーズについていくようにする。
- 重心がトレーラーのホイールのすぐ前(約10~20cmがベスト)にあれば、トレーラーは確実に直線上を牽引され、コーナーも容易に曲がる。
- 重心が前すぎると、トレーラーは曲がろうとせず、ドライバーはクルマがオーバーステアしているような感覚を受ける。


重心の計算方法

トレーラーの総重量(ウェイトブリッジを使用)、軸からヒッチまでの距離(ドローバーの長さ)、ノーズウェイト(ウェイトブリッジを使用)を知っておく必要があります。その後、次の式で計算します。重心位置=(トレーラーの軸の前の長さ、cm)ノーズロード(kg) x ドローバーの長さ(cm) x トレーラーの総重量(kg)


トレーラーの積み荷と運転の方法


トレーラーの積み荷と運転方法に関する便利なヒントです。


トレーラーへの積み荷方法

- オーナーズマニュアルを参照して、必ずご使用のランドローバー車の牽引能力を確認する。
- 重心がトレーラーの前方、通常軸の約10~20cm前にあるようにする。これはトレーラーの前部に後部より少し重めに物を積んで調節します。
- リアトーイング・ヒッチを調節してトレーラーが水平になるか、前が少し下がるようにする。決して後ろが下がらないように。
- トレーラーの最大総重量を確認する。明記されているはずです。- トレーラーのタイダウンに積荷を固定する。
- 両端、前後を対称的に慎重に積んでいく。


トレーラーの運転方法

- 停車とブレーキは早めに。
- 前の車まで最低4秒間の車間距離を空ける。
- ターンと方向転換には空間を多めに取る。
- 暑い日は、長い上り坂でのエンジンのオーバーヒートに注意。
- 低いギアでエンジン温度を低く。


トラブルシューティング

特定の状況に対処するためのヒントです。


-  曲がり
トレーラーの重心を前に移動させる、トレーラーの重量を減らす、メーカーの指示に従ってトレーラーと牽引するクルマのタイヤ圧を増やす、ヒッチヨーダンパーを装着する、速度を下げる、という対策を取ります。


- コーナリング時のオーバーステア
トレーラーの重心をさらにクルマの後方近くに移動させます。


- コーナリング時にクルマに接近
牽引している車のリヤタイヤ圧を大きくし、トレーラーの重量を減らします。

トレーラーとブレーキランドローバーのトレーラー・スタビリティー・アシスト(TSA)
この新しいシステムは、トレーラーの揺れを察知し、危険の可能性を修正するために選択されたブレーキをかけることで、安全に牽引できるようにします。

TSAは、積極的なドライビングテクニックと共に使用する必要のある革新的な安全機能です。運転時のブレーキに関するその他のヒントを示します。

· ブレーキのチェック
牽引するトレーラーの種類に関わらず、できるだけ早く全体的なブレーキの効きを点検することが重要です。安全に点検できることを確認し、他の道路使用者に配慮して行います。軽量なブレーキなしのトレーラーでも全体的なブレーキの効きに影響する場合があります。トレーラーが均等にブレーキされない場合は、ブレーキ時に牽引しているクルマに力がかかるので、結合しているブレーキを点検することも必要です。

· 過度なブレーキ

ヒッチを牽引しているクルマを下げ、ぬれて滑りやすい状況では前輪がロックする場合があるので、急ブレーキは避けてください。ABSはこのような状況に役立ちますが、常にブレーキは控えめにしてください。クルマにABSが装備されていない場合、ポンピングブレーキ(軽く何度もブレーキを踏む)を推奨します。

· ブレーキ付きトレーラーの安全なブレーキ

元来ブレーキ付きのトレーラーは、ブレーキなしのトレーラーより安定性に優れています。ただし、ブレーキ時にはささいな不安定さも大きな問題につながることがあります。

ブレーキ付きトレーラーで安全にブレーキを使用するには、次のことをお守りください。
· 安全性とコントロールを最大にするために必ず直線でブレーキをかける。
· 前の車との間に十分な車間距離を取る。
· 牽引している負荷を考慮して運転する。

ヒッチに関する重要な注意点を次に示します。

· 標準の50mmのボールヒッチは最大3,500kgの総重量のトレーラーをオンロードで牽引する場合に適しています。

· 総重量が3,500kgを超えるトレーラーにはリングヒッチを使用し、特殊な車両改造である密結合ブレーキが必要です。

· ブレーキに通常以上の空間を取り、ABSが装備されていない場合はポンピングブレーキを使用します。

上手な後進のためのヒント


· クルマとトレーラーが同一直線上にある状態で後進を始める。

· ゆっくりとトレーラーを後進させ、トレーラーを回転させたい方向の反対方向にクルマのステアリングを回転させる。

· クルマの後部がトレーラーを回転させたい方向の反対方向に動き出すと、トレーラーの後部は回転させたい方向に回り始める。

· ただし、回転させすぎると、車がジャックナイフ現象を起こす。

· トレーラーが正しい方向に動くようになると、クルマのステアリングを反対に切ってトレーラーの回転している方向にターンし、正しい方向になると、まっすぐに直す。

· 通常、牽引しているクルマのホイールベースより長いフレームは短いものより後進が楽。§ クルマの外周に5台のカメラが配置されているサラウンド

安全なトレーラライトのためのヒント

· 発車する前に、トレーラーのライト装置が装着され、正しく機能し、最新のライト規則に準拠していることを確認する。

· 少なくとも、正常に機能する2つのテールランプとストップランプ、方向指示器、ナンバープレート照明、2つの赤い三角の後部反射器は装備。

· 最低でもトレーラーに、赤のリア・フォグ・ランプが1つあることを確認(トレーラーが1980年3月31日以降に製造されている場合には装備する必要がある場合がある)。

より大きなトレーラー、馬運搬車、またはトレーラーハウスにはこれ以外のライトが必要な場合がある

Jaguar Land Rover Limited: Registered Office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF Registered in England No: 1672070