Landrover

Landrover

Sustainability

About Land Rover

排出量削減の目的

私たちは、先進プロパルジョン・テクノロジー、軽量素材をはじめとする一連の手段と、当社のスタート/ストップシステムの採用によって、クルマの環境に対する影響の削減を目指しています。 また約8億ポンドの共同出資を、当社のクルマの平均CO2 排出量を5年間で約25%削減するために役立てています。

※下記リンクは、全て英語版となります。

LRX2

LRXコンセプトカーが現実に

ランドローバーはエキサイティングなLRXコンセプトカーが来年生産、公開され2011年にレンジローバーのラインアップに加わる予定であることを正式に発表しました。新たにお目見えするレンジローバーは、これまで当社が生産してきたどのモデルよりも小型で軽量かつ最も効率に優れたクルマになります

詳細はこちらから


eテレイン・テクノロジー

特にCO2排出量削減と燃費向上を目的とし、新規および既存の装備、車両力学、最新式パワートレーン技術の革新を要するエンジニアリングおよびデザイン理念です。ジャガー・ランドローバーでは、両社のモデルの平均CO2 排出量を5年間で約25%削減するために約8億ポンドの共同出資を行う予定です。 まず2010年式のフリーランダー2 TD4マニュアル車へのインテリジェント・スタート/ストップの採用、続いてディスカバリー4とレンジローバー車種へのスマート・レジェネラティブ・チャージング内蔵のインテリジェント・パワーマネージメント・システム(IPMS)採用でスタートするeテレイン・テクノロジーは様々な形でランドローバー車の進化を実現していきます。

詳細はこちらから

Jaguar Land Rover Limited: Registered Office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF Registered in England No: 1672070