Landrover

Landrover

Heritage

About Land Rover

Range Rover

1960年代半ば、ラグジュアリーな4×4のニーズをいち早く察知したランドローバーは、革新的なモデルを開発しました。セダンのようなオンロード・パフォーマンスと快適で洗練されたインテリア、そしてランドローバーならではの耐久性と走破性を備えたモデル。これ以上の4×4は他にありません。

開発当時

 

ランドローバーが既に機能的なデザインを誇るブランドとして確立されていた1960年代半ば、新たに組織されたニュー・ビークル開発部門のメンバーが、リサーチのためアメリカを訪問しました。その成果がレンジローバーの開発です。大胆な発想から生まれたモデルは、1970年6月にメディアに発表されるとともに大きな称賛を浴びました。レンジローバーの開発はランドローバーにとって重要な意味を持つ成功体験でもあり、類稀な走破性という機能重視のオフロードカーに快適なロングドライブという側面を与えた、世界初のマルチパーパス・ヴィークルとして支持されました。

1980年代

1980年代前半には、新たにさまざまな改良を施しました。4ドアモデルの開発に加え、ラグジュアリーな車作りにフォーカス。ビニールシートやむき出しのインテリアの代わりに、エアコンや豪華なトリムを取り入れました。特にVogueモデルはウッドを多用する等、究極のレンジローバーのシンボルとなりました。

1990年代

1990年4月日本でランドローバーの正規輸入が開始され、レンジローバーが導入されました。1994年には、第2世代のレンジローバーが発表されました。オリジナルモデルのコンセプトを維持しつつ、現代的なスタイルを取り入れたエクステリアにラグジュアリーなインテリア。オフロード性能が洗練され、よりパワフルになったV8エンジンも搭載しました。

21世紀

2001 年には、第三世代のレンジローバーが発表され、日本では2002年7月に発売となりました。クルマの常識を超えたインテリア、シャシー、サスペンション、ドライブトレイン、すべてが新しい、世界一の高性能を誇るラグジュアリーモデル。レンジローバーの輝かしい歴史が再び塗り替えられました。

 

Jaguar Land Rover Limited: Registered Office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF Registered in England No: 1672070